FC2ブログ
 
■プロフィール

三家丸 信一

Author:三家丸 信一
香川県高松市で社会保険労務士をやってます。
仕事の事だけじゃなく、趣味や日常なども交えながら(そちらがメインになるかもしれませんが(^_^;))、好き勝手に書き綴ってるブログです!

HPアドレス http://sr-miyamaru.com/

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

エコカーカップに出場してきました・・・2年目
平成27年6月13日・・・静岡県の富士スピードウェイにて「エコカーカップ」に参戦して参りました。

今年で参戦2年目となりますが、昨年同様親しくさせて頂いてる方にお誘い頂き、四国よりはるばるの参戦です。

去年の参戦ブログは「こちら」です。

金曜日に高松を出発したのですが、あいにくの雨模様。当日はどうかなぁと心配してましたが、なんとか曇りどまりのドライコンディション。富士山が見れなかったのが残念ですがウェットよりはずっとマシ。

ちなみに今年のチーム名は「AKM48」!!!」どこかで聞いたような名前かもしれませんが・・・まったくのオリジナルです(^_^;)。「AKM」はメンバーのアルファベットを並べたもの。「48」は昨年までこの番号を背負って出場してたある方に敬意を表して付けさせて頂いたもの。だから・・・「どこかのグループ」とは無関係です(*^_^*)。



今回は過去最多の88台の参戦(チャレンジ180が67台、チャレンジ60が21台)だったようで、人も去年よりたくさん。そんな中、今年は3時間のチャレンジ180と1時間のチャレンジ60のダブルエントリー。180ではドライバーを、60ではナビを。





レースの模様は「こちら」にて・・・。そして結果表は「こちら」

結果は・・・昨年を下回るものでしたが・・・正直結果は結果論(^_^)。楽しかったらそれでヨシ!

そうそう、今回はアクセラが4台も参加してました。ガソリン1台、ディーゼル2台、ハイブリッド1台です。それがまぁ・・・予選で速いのなんの(^_^;)。ポールはBMWでしたが、2位と3位はアクセラですよ!予選はタイム制限なしの本気モードですからねぇ。

ただこのレースは「エコカーカップ」。本戦では順位よりも燃費が重要視されますから下位に沈んでしまいました。でもね・・・4台全部が表彰されてました。だって・・・車種別部門が「アクセラスポーツ部門」と「アクセラディーゼル部門」と「アクセラハイブリッド部門」の3つに分かれてましたからぁ~!出走すれば自動的に表彰確定です(^_^;)。プリウスなんて20台以上出てるからどんなに頑張っても表彰なんて無理(T_T)。

エコカーカップ・・・ただ速いだけではダメ、ただ燃費が良いだけでもダメ。1周3分15秒をギリギリに守りながら、かつ規定周回数をこなし、順位を上げつつ、最終的に燃費も重要。正直、ただ速く走れば良い一般のレースより奥が深いです。

スピードを楽しむもヨシ!燃費を追求するもヨシ!みんなとの交流を楽しむのもヨシ!エコカーカップの趣旨さえはき違えなかったら・・・。



さて・・・来年はどうなるかな?出るのならマイカー、アクセラハイブリッド。でもメンバーがいない。どなたか参戦希望の方・・・お知らせください(*^_^*)。

それにしても静岡は遠いなぁ(^_^;)。

スポンサーサイト



趣味 | 08:43:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
比叡山に行ってきました・・・③
前回の続き・・・根本中堂を終えてまわりの堂も廻りましたが、やっぱり有名なのが「大講堂」です。ここには天台宗を学んだ後、新たに宗派を興した上人たちの木像や肖像画が飾られています。

画像

有名どころでは・・日蓮(日蓮宗)・親鸞(浄土真宗)・道元(曹洞宗)・栄西(臨済宗)・法然(浄土宗)etc・・・etc。たくさんの宗派がここを起点として作られたわけですね。

大講堂を出て国宝殿へ。途中伝教大師さまの物語が絵と共につづられており、その中には「弘法大師との交際」というものもありました。

画像

「弘法大師との交際   
 大師とともに平安初期、仏教界の二大名星と称される弘法大師(774~835)は、大師と同じくの延暦23年(804)に入唐留学された、両師の交際は、大同4年(809)に弘法大師が比叡山に登ってこられたのに始まるという。その後しばらく親密な交際が続けられたが、弘法大師の真言密教至上主義は伝教大師の法華一乗の立場とは、思想的にあい容れないものであった。(文面そのまま)」


と書かれています。私の読んだ文献では最澄が空海を訪ねてきたと書かれてましたけどね(^_^;)。まぁここは比叡山ですから・・・(*^_^*)。

で・・・国宝殿も見終わり、隣のバスセンターで昼食。

画像

お次は西塔だぁ・・・って・・・思ってたわけですが・・・この日は「下界」でも寒の戻りで冬に戻ったような寒さだったわけで・・・山の上では吐く息も真っ白状態。加えて歩き疲れで・・・西塔と横川は断念(T_T)。またの機会のお楽しみという事で・・・。

比叡山・・・厳かな雰囲気でとても癒される空間でしたm(_ _)m。





趣味 | 06:58:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
比叡山延暦寺に行ってきました・・・②
比叡山・・・前回の続きです。

え~ここで比叡山延暦寺についてちょっとだけ説明いたします。そもそも比叡山には「延暦寺」というお寺は存在しておりません。「高野山には金剛峯寺があるのに、比叡山になんで延暦寺がないの?」って話はよく聞きますが・・・そもそも延暦寺とは比叡山の山中にある約150程の堂塔の総称らしいです。

その延暦寺ですが、比叡山の中には3つの「エリア」がありまして・・・「東塔(とうどう)」「西塔(さいとう)」「横川(よかわ)」と言います。これら3つのエリアはバスで行き来が可能です。

そんなたくさんの堂塔からなる延暦寺ではありますが・・・もちろん中心となるお寺はございます。それが「根本中堂」と言います。この根本中堂は東塔にあります。ケーブルを降りて最初に向かうのもこの東塔です。

しばらく歩くと「比叡山延暦寺」の入り口が・・・。

画像

そこで巡拝料をお支払い。東塔・西塔・横川共通で700円、プラス国宝殿で1,200円。

中に入ると根本中堂があります。

画像

画像


写真はここまで。中は撮影禁止です。厳かな雰囲気に包まれた荘厳なお寺でした。いつも思うのですが、テレビの撮影とかだと堂内も堂々と撮ってるし、それが全国で映し出されてるわけなのに、どうして個人の撮影は禁止なんでしょうねぇ。フラッシュかな?それなら「フラッシュ禁止」だけで良いような気がしますけどね。

話を戻して・・・中には高野山奥の院と同じく「不滅の法灯」と呼ばれる灯火があり、1200年間一度も消える事なく輝き続けてる・・・という事でした。

でもね・・・ん?比叡山って一度信長に焼き討ちされてるよね?その時に「火」は消えちゃってるんじゃないの?」って疑問が沸くわけですが・・・元々、法灯は山形県の「立石寺(りっしゃくじ)」というお寺に分灯されていたらしく、焼き討ち後の再建時にその立石寺から再び分灯したらしいです。

一説によりますと・・・この灯はお坊さんたちが欠かさず油をつぎ足す事によって繋がってるわけですが、その油を断つと灯が消えてしまうので「油断大敵」という言葉ができたとかできないとか・・・(*^_^*)。テレビで言ってました。


~つづく~




趣味 | 07:48:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
比叡山延暦寺に行ってきました・・・①
4月の初旬になりますが・・・初めて比叡山に行ってきました。いつか行きたいと思ってた比叡山。なぜなら・・・もちろん延暦寺があるからです。延暦寺は言うまでもなく天台宗の総本山。天台宗といえば弘法大師さまの真言宗とならぶ宗教界の双璧。高野山に行ったのならやっぱり比叡山も見とかなきゃ・・・って事です。

今まで京都までは何度も訪れてますが、その先の比叡山まではなかなか訪れる機会もなく数年が過ぎました。そしてこの度、別の用事で滋賀県を訪れる事になり、途中時間が取れたので登る事に。

京阪石山駅から出発して坂本駅まで。始発から終着です。坂本駅で降りるとそこからは徒歩で比叡山のケーブル乗り場に向かいます。

ちょうど桜が満開の季節。沿道には桜がいっぱい。

画像

そのまままっすぐ進むと「日吉大社」が現れてきました。全国に2,000社ある日吉神社の総本社だそうです。中に入りたかったですが・・・時間がなく断念m(_ _)m。

画像

そのまままっすぐ・・・10分ほど歩くとケーブル乗り場に到着です。

画像

ケーブルに乗って・・・

画像

山頂を目指します。このケーブルは日本一の長さだそうです。お四国にも85番八栗寺にケーブルがありますね。あそこも長いなぁって思いましたが、全長684m、高低差167mです。対してこの坂本ケーブルは全長2,025m、高低差480mです。

ケーブルを降りてからはこんな道をしばらく歩きます。

画像


~つづく~




趣味 | 20:57:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
阿讃サーキットを走ってきました・・・②
前回のつづきです。

午後から再度先導走行を行って・・・お待ちかねの「同乗体験」です。井口プロの運転するレクサスIS-Fに3人づつ同乗してサーキットを走ってもらえるわけですが、じゃんけんの結果・・・助手席になりました(*^_^*)。コースを3周ほど全開走行して頂きました。

こ、これがプロの走りか!と言っても4人も乗ってますし、レーシングカーではないので(それでも400馬力オーバーの車ですが)実際のレースはもっともっとすごいんでしょうけど・・・ブレーキングやコーナリングの時は普段味わえないGを体験させて頂きました。

そして最後は・・・スポーツカーを使ってのフリー走行です。車は5台。

レクサス RC300h
レクサス IS300h
トヨタ  86
トヨタ  ヴィッツターボ(2台)





1番人気のレクサスRC300hです。

の計5台です。参加者は30名弱。5台に分かれるわけだから・・・1台につき約6名。人気車はじゃんけん。予想どおりRCに人気が集中しじゃんけんに。しかし・・・私は最初からヴィッツターボに決めてたんです。これが唯一のマニュアル車だったから。それにヴィッツ「ターボ」って・・・200台限定販売でしたよね。



マニュアルって普段はなかなか乗る機会ないですからね。レンタカーもないし、試乗車もめったにないし・・・。せいぜい軽トラくらい(^_^;)。私的には1996年暮れに愛車の無限CR-Xと別れて以来のマニュアルです。18年ぶりのマニュアルがサーキット(^_^)v。

乗れるのか?大丈夫か?スタート地点のストレートはのぼり坂なので、いきなりの坂道発進!大丈夫!

やっぱりマニュアルは楽しいね!車を操ってるって感じが良いね!

マニュアル欲しい!欲しいけど・・・「足」として使う分にはちょっとしんどいかな。それにリセールバリューを考えたら・・・ねぇ。中古の初代ロードスターが欲しいなぁ。

話を戻して・・・ヴィッツターボを思いっきり楽しんでこの日のメニューは終了。あっという間の6時間でした。帰りに修了証と井口選手のサインをもらい帰路へ。また山の中。



それが・・・帰りだした途端・・・大粒の雨が!!!あぶねぇ~!!!あと30分ずれてたらサーキット走行の面白さも半減だったよぉ~!!!神様・・・日頃の行いが悪い私を暖かく見守ってくださり・・・ありがとうございましたm(_ _)m。

6月の富士スピードウェイ以来、2度目のサーキット走行・・・軽いサーキット走行と言いながらも、普段の町乗りでは絶対できない体験ばかり。自分の車の限界がわかり、自分の腕の未熟さもわかるので、そのまま普段乗りにフィードバックできそうです。

最後におまけ・・・。



追伸・・・今週の阿讃サーキット付近は全国ネットでも放送されるほどの大雪! 当然サーキットはクローズです。色んな意味でラッキーでした!



趣味 | 08:17:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ