FC2ブログ
 
■プロフィール

三家丸 信一

Author:三家丸 信一
香川県高松市で社会保険労務士をやってます。
仕事の事だけじゃなく、趣味や日常なども交えながら(そちらがメインになるかもしれませんが(^_^;))、好き勝手に書き綴ってるブログです!

HPアドレス http://sr-miyamaru.com/

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

年金制度改正の「誤解」を解いておきます
みなさん、こんにちは。社会保険労務士の三家丸です。

昨日のニュースでこんなのがありましたね。

<田村厚労相>基礎年金受給開始「75歳繰り下げも」検討

 田村憲久厚生労働相は11日のNHKの番組で、基礎年金の受給開始年齢を受給者の判断で最長70歳まで繰り下げて手取り額を増やせる現行制度について「選択の幅をのばすのは一つの方向性としてはある」と述べ、75歳程度までの繰り下げを選択できるようにすることを検討する考えを示した。

 受給開始年齢は原則65歳。開始年齢を遅らせる「繰り下げ受給」を選択すると毎月の年金額が上積みされ、70歳に繰り下げると42%増える。

 田村氏は「75歳まで広げる案が与党から出されていて、一つの提案だ」と述べ、70歳以降に繰り下げた場合も手取り額を増やす仕組みを検討する考えを示した。一方、受給開始年齢を選択制ではなく一律で引き上げることについては「国民の反発は大きい」と慎重な見方を示した。(毎日新聞)


これを読んだ方の反応で「また年金もらえるの遅くなるのかよ!詐欺じゃないか!」ってのがたくさんありましたので、その「誤解」を解くためにちょっと書いておきます。

ここで言う「基礎年金」というのは一般的な「国民年金」の事ですね。自営業の方が加入してる年金ですが、サラリーマンの方も自動的に加入してる事になってます。

その国民年金は現在は65歳からの支給です。20歳から60歳までの全期間保険料を納めた方は年額で772,800円が支給されます。

ただし、65歳に達する前に年金をもらう事も可能です。これを「繰上げ支給」と言います。繰上げする年齢によって少しづつ支給額が減っていき、仮に60歳からもらう(本来より5年早くもらう)場合は満額の70%が年金額となります。つまり40年かけてる人は772,800円×70%=約540,000円ですね。

気をつけないといけないのは、繰上げ請求した場合、この下がった年金額が「一生続く」という事です。本来の65歳になったからといって100%の支給額にはなりません。一生70%のままの支給額となります。

これとは逆に「繰下げ支給」という制度もあります。65歳時点でまだお金に困ってない場合に、年金支給年齢を遅らせるという制度です。こちらは、遅らせる年齢により支給額が増えていくシステムになってます。例えば70歳からの支給(本来より5年遅くもらう)の場合は満額の142%が年金額となります。つまり40年かけてる人は772,800円×142%=約1.097,000円となります。この額が一生続くわけです。

その「繰下げ支給」は現在では最高でも70歳までしか繰下げできないわけですが、それを「75歳までできるようにしてはどうか?」というのがこの記事の内容です。そして70歳以降に繰下げた場合の支給額を現状MAXの142%より高くしよう・・・という事を検討したいと言ってるわけです。

ここまで書けばもうおわかりだと思いますが、国民年金の支給年齢を65歳から遅くするのではなくて、あくまで「繰下げ年齢の上限」を遅くするというお話ですので、ご安心ください。そもそもこのニュースのタイトルが不安を煽るような書き方になってますよね。マスコミがやりそうな事です。

ただし・・・1週間前にこんな記事も出てました。

豪、年金支給開始年齢を引き上げへ 2035年までに70歳に

オーストラリア政府は2日、高齢化問題に対処するため、年金支給開始年齢を2035年までに70歳に引き上げる方針を示した。世界の先進国の中では最高齢となる。(AFP)


オーストラリアは年金開始年齢自体を70歳に遅らす決定をしたという事ですね。年金制度の中身は違いますが、高齢化が進んでる日本・・・遅かれ早かれ支給年齢自体の引き上げは避けられないでしょうね。

スポンサーサイト





時事・情報 | 08:24:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する